小児矯正

当クリニックでは、男の子、女の子ともに6歳前後から小児矯正を始めています。

反対咬合のお子様は3歳から治療できます。

 

子どもの矯正は、子どもの成長に合わせて、正しいかみ合わせ、綺麗な歯並びになるよう、各種装置を乳歯から永久歯に生え変わる頃から使用し、あご、歯の成長を誘導していきます。

そうすることで、すべての歯が永久歯に生え変わった時に、マルチブラケット装置(写真参照)を装着する必要がないように、または装着する期間を短くします。

マルチブラケット

小さい頃から正しいかみ合わせになるよう矯正治療することによって、正しいかみ合わせ、綺麗な歯並びの歯で、一生涯、生活できるようになります。

子どもの骨は大人よりも軟らかく、この時期にしかできない治療でもあります。

お子様に「健康」という最高のプレゼントを贈りませんか?

拡大装置(床タイプ)

定期的にネジを回し装置を拡大して、あごを拡げていく装置です。歯が並ぶのに十分な隙間がない場合に使用する装置です。食事、運動時は取り外しますが、日中、就寝中、装着します。最初は違和感がありますが、1-2週間では装置に慣れることができます。

床タイプ前

一年後

床タイプ後

マルチファミリー(リテーナー、過蓋咬合、上顎前突)

くわえるようにして口の中に入れておくことによってあごが正常に成長するように促すシリコン製の装置です。上の歯が出ている場合、下の歯が見えない場合や拡大装置の仕上げ(リテーナー)に使用します。日中1時間程度と就寝中に装着します。

マルチファミリー2

無料のカウンセリング、無料の説明会を不定期で行っています。

内容は、こちらでご確認下さい。

無料カウンセリング

小児矯正説明会

これまでの症例についてはこちらでご覧になれます。