小児の矯正診療の流れ

1.ご予約または無料小児矯正説明会にご参加下さい

お電話などで診察のご予約をお取りください。

無料カウンセリングについてはこちらでご確認下さい。

また、定期的に無料小児矯正説明会を開催していますので、ご予約のうえ、ご参加下さい。

無料小児矯正説明会の開催については、ホームページでご確認頂くか、当クリニックへお問い合わせ下さい。

 

2.診察

お子様の口腔内を診察させて頂き、どのような治療が必要になるか、矯正を行うのに適した時期などを診断いたします。

 

3.カウンセリング

診察・診断の結果、治療方針をご相談いたします。

また、類似する症例の治療例なども見て頂き、お子様と一緒に具体的な小児矯正のイメージを持っていただきます。

小児矯正には、お子様のモチベーションの維持が必要です。

 

4.床矯正またはムーシールド

【床タイプの拡大矯正装置を使った矯正治療】

拡大矯正装置(取り外し可能)を作製し、お子様の上下の歯の内側に装着します。

食事、運動時は取り外しますが、日中、就寝中は装着します。

お子様の歯が正常に成長するために十分な隙間を作り、歯並びを誘導していきます。

通常、お子様の成長に合わせて、拡大矯正装置を1つ目、2つ目と2つ作製します。

1つの拡大矯正装置は1年ほど装着します。

1つ目が終わると、マルチファミリーというあごが正常に成長するように促すシリコン製の装置を装着します。

マルチファミリーは通常、2か月~6か月程度です。

時期を見て、2つ目の拡大矯正装置を作製し、同様に拡大矯正装置、マルチファミリーと続け、小児矯正治療が終了します。

その後、メインテナンスに入ります。

 

【ムーシールドを使った矯正治療】

反対咬合(下の歯が上の歯を隠しているなど)を治療する装置になります。

くわえるようにして口の中に入れておくことによってあごが正常に成長するように促す装置です。

舌を安定して正しい位置で機能する筋肉を作ることを目標とします。

日中1時間程度と就寝中に装着します。

ムーシールドを使い、反対咬合が改善されたあと、上記の床タイプの拡大矯正装置での矯正に入ります。

 

これまでの症例についてはこちらでご覧になれます。

 

5.予防歯科(メインテナンス)

良い歯並び、良い咬み合わせを促し、健康な状態を維持するためにも、当クリニックでは、山形県酒田市 日吉歯科診療所 熊谷崇先生の予防メインテナンスを取り入れています。

お子様が生涯、自分の歯で生活できるよう、真剣に取り組んでいきます。

予防歯科(メインテナンス)については、こちらでご確認下さい。

 

お子様に「健康」という最高のプレゼントを贈りませんか?